どんな前提でものを見るかで幸せは増える

こんにちは!

Serendipity〜セレンディピティ〜のカウンセラーNAOKOです​​​​​​​

私たちって普段、ない前提でものを見がち

お金がない

恋人がいない

素敵な人がいない

本音が言える友達がいない

人は優しくない

好きな服が売ってない

などなど

ない前提でものを見る時

無意識に「ない」に目がいっちゃうから、ないことばかりが目についたり、ないことしか見えなかったり、あっても、これじゃあ足りないよねってなったり

こうなると「ない」が強化されちゃって悪循環に

でも、ある前提でものを見る時

あるんだっていう意識でものを見るから、無意識に「ある」を探す

そうなると「ある」が自然に見つかるといういい循環に

例えば、自分の好きなスカートがないなと思って服屋さんを探すと見つからない

でも、自分の好きなスカートはどこかにあるよね、と思って探すと、自然とあるお店に引き寄せられていく、そんな感じ

あと、気に入ったトップスを見つけたこれ好きって思っても、このトップスに合うスカートやパンツがないよな・・って思いで見れば、その好きはしぼんじゃう

でも、このトップスに何を合わせたら似合うかなっていう考え方ができれば、自分の好きを大切にしたまま、持ち合わせの服で似合う組み合わせが見つかったり

意識を変えるだけで「ある」は増えるし

「ある」が増えれば感じる幸せは増えますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です