女性性ってなに?

こんにちは!

Serendipity〜セレンディピティ〜のカウンセラーNAOKOです​​​​​​​

今日は私のキャッチフレーズにもある「女性性」の話を

女性性っていうと、どんな印象がありますか?

そもそも、そんな言葉自体初めて聞いた、なんとなくしかわからない・・っていう方もいるかもしれませんね

男性性、女性性とは、心理学特有の考え方の一つで、性別関係なく、どちらも男性、女性両方の中にあって、心の状態やバランスを表しているもの

ちなみに、このバランスがその人にとっての個性。このバランス自体は、それぞれの素質や成長のプロセス、人生の経験によって変化するので、人それぞれ違うものなんですよ

ただ、このバランスが悪い場合は、恋愛や人間関係などで問題の元になることも多いので、バランスを取っていくことが大切だったりします

例えば、女性だけど、行動力や決断力があって、合理的な思考でものを考える、男性らしい女性っていませんか?こういう人は「男性性が強い女性」って言います

逆に、男性でも、感覚的だったり、柔らかさを感じたり、女性らしい感性や感情を持ってる人は「女性性が強い男性」って言います

男性性の特徴は、一般的に言うと、男性らしいといわれる部分。例えば、論理的思考、リーダーシップ、決断力、行動力、パワー、与えること、責任感、忍耐強さ、男性的な包容力など

女性性の特徴は、女らしいと言われる要素。美しさ、感覚的、柔らかさ、受容性、共感力、母性、育む力、感情、柔らかさなど

さっき、バランスが悪い場合、恋愛や人間関係で問題の元になるってお話ししたけれど、例えば・・

周りから女子として扱われなかった、親が男の子を望んでいた、感情的な人(母)が身近にいて感情をあまり出せなかった、親が依存的で面倒を見てきた、女の子らしく振る舞えなかった、早く大人になったなど

こういうものがあると、男性性が強く大きく発達し、女性性がクローズされた自立型女性、いわゆる「男らしい女性」に

そうなると、恋愛や仕事関係で男性とうまくいきにくくなったりします

男性と主導権争いや競争が始まってしまったり、甘えたり頼ったりできなくて、男性が力を発揮する場面がなくなる、愛しにくくなる、本心を伝えることができない、無意識、意識的に男性を下に見てしまうなど。

例えば、私は望んでそうなったよっていう人は、それでいいんです、それも素敵な個性ですし 

でも今、悩んでたり、うまくいかないなっていうことがあれば、それは今のバランスはあなたに合ってないよっていうお知らせだと思ってくださいね

私のカウンセリングで、女性性をとても大切にしているのは、社会の影響もあって、男性性が大きく育ち、女性性がクローズしてしまって、その人本来のバランスを崩してる人が多いなって感じてるから

女性本来の柔らかさや優しさや、受容力を自分が持ってることや、出してもいいんだと許可できるようになれば、あなたが本来持っている美しい女性性があなた自身を幸せに導いてくれますよ

そして、そういう女性がそばにいることで、男性も安心して男性性を伸ばしていくことができるから、恋愛や夫婦関係もうまくいきますしね

そうは言っても、そんなことやりたくない、そんなもの私にはない、やってみたけど開かなかったし、私はいいわってシャッターを下ろしかけたそこのお方!

ちょっと待って!! 大丈夫

女性性を開いていくのには、その人に合ったプロセスがあるから

適切なプロセスで進めば、自然に開いていくし、自力でなんとかしようとしなくても大丈夫。そして、今は抵抗を感じてても大丈夫

それは、自然に、自然に、無理のない形で美しく開いていきますから

超男性的で、男性を目の前でバサバサ切ってきて、女性性なんてどうでもいい!男性的なのが私本来の性質!って言いきってた私が、抵抗なく自然に開いたんですから(笑)

大丈夫ですよ

カウンセリングのお申し込みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です