自立系女子の自立度が上がると超自立に!〜超自立のしくみと手放して楽になる方法〜

超自立についてリクエストをいただきました

本来私たちは、子供時代に親や周りに甘えたり頼ったりして依存しながら成長していきます

でも、これができない環境で育ち、甘えられなかったり、傷ついたり、初恋などで辛い思いをした人たちは、自分の依存的な部分を抑えて我慢して自立していくんです

もう傷つきたくない、迷惑をかけるのはだめだ、愛されるためにがんばらなきゃいけないって思い、過去の痛みやピュアで繊細な気持ちや自分の感情を抑圧して、思考的になって自立していく

それが自立系女子(自立系男子)と言われる人たち

その自立が極まって自立度が強くなっていくと、超自立系女子&超自立系男子(ロックウーマン、ロックマン)と言われる人たちになっていきます

じつは、自立っていうのは、過去の痛みを全て心の奥深くに隠して、自立や超自立っていう偽りの仮面(ペルソナ)を作って、その仮面をかぶって生きることでもあるんですよね

この偽りの仮面(ペルソナ)を本人は偽りだと思ってません

っていうか、仮面をかぶってることに気づいてないです

仮面をかぶった自分が自分自身だと思ってるから

実はこの仮面が人とのつながりを阻んでいることも気づけてないし、仮の自分がメインの自分だと思ってるから、これを守ることに必死になっちゃうんですよね

いつの間にか、幸せになることよりも、この仮面を維持し続けること、守ることがメインになってしまってることも


この仮面(ペルソナ)は、そのままの自分では愛されないから、こうすれば愛されるだろうって思う自分で構成されてます

いい人、ポジティブ、気配り上手、がんばりやさん、なんでもできる人、明るくて人当たりがいい、面白くて人を笑わせるのが上手、人から信頼されるように振る舞うなど

で、この作り上げた自分は当然評価されるんだけど、その評価は受け取れないんですよね

自分が愛されてることや評価されてるとは思えなくて(受け取れないからね)、もっとがんばらなきゃって自立していき、自立度合いが強まっていく

これが超自立になってしまうしくみだから

超自立の状態は、傷ついた心の痛みが深く強くとても大きい状態。とにかく「こんな自分では愛されない」っていう思いが強すぎるから、ダメで弱い自分を嫌って、切り離しているから、さらに強くなるんだ!ってがんばる

その結果、仮面がしっかりと作り上がった上に、がっちりとかぶっちゃうから、隙がなくなっちゃうんですよね

こんな状態になっても、自分はまだまだ甘いからもっと頑張らなきゃ、もっと強くならなきゃっていう、まるで修行僧のような強い思いがあるので、自分が超自立的になってることに本人は気づいてなかったりして

実は、この偽りの仮面から切り離された内側に、弱い自分、ダメな自分、自分が認めることができない自分がいるんですよね

本当は、弱くでダメな自分、寂しい自分、虚しくて辛い、本当は人と繋がりたくて愛を切望している、そんなことをたくさんたくさん内側に抱えてるんです

でも、そんなのはダメって否定してるから、その思いは圧縮され、どんどん感情は麻痺しちゃって感じないようになっちゃう

もうこうなると、自分が何を感じてるのかわからない

出てくるのは思考的な答えや考え、大きな怒りだけ

子供の頃に、家庭環境が悪く、ネグレクト、過干渉、両親の不仲や自分の拠り所がどこにもない、親の離婚・別居、いじめ、大失恋、信用してた人に裏切られた、など、原因はいろいろあるけど

子供の頃、早くに自立した人は、超自立の状態になりやすいです

そんな超自立の人の中には、

自分が愛されるために作り上げた仮面(ペルソナ)の自分と、切り離してきた弱くてダメな自分の二つの自分が住んでいます

作り上げた仮面の自分は、弱くてダメな自分を、常に監視して、責め立て、攻撃して、抑圧しているので、心の中で常に内戦状態が続いてるんですよね

内側で起こってるこの内戦、あまりのひどさに、これなら他人に拷問される方がマシ、地獄の中にいる方がマシと感じるほどのひどさだってことを本人は気づいてません

そして、弱くてダメな自分を嫌い、切り離しているから、自分自身を信用することができないんです

普段自分だと思ってる仮面は虚像ですからね

虚像を信用することってできないでしょ?

自分を本当に信用するということは、そういう弱くてダメな自分も受け入れてないとできないんですよね

自分を信用できないっていうことは、人も信用できないってこと

だから、超自立の人たちは、誰のことも信用できないんです

したくないわけじゃないんです

本人も本当は苦しんでるんです

でもできない・・・

本人だってこの状態に好きでなったわけじゃないんです

そうならざるを得なかっただけ、そうしなければ、生きてこられなかっただけ
なんです


自分は超自立だな、って思った方

超自立になるのは、女性性が傷ついてるから

だから、ここを抜けるカギは「女性性の癒しと解放」です(女性も男性もですよ)

女性性が傷ついてると、女性性のキーワードに象徴されるもの、柔らかさ、繋がり、包容力、温かさ、優しさ、慈愛、平和、愛らしさ、無邪気さとかが、なんか気持ち悪かったり、すごくいやだなって感じたりするんですよね


だから、そんな傷ついた女性性を癒すことがとても大切

自立してる状態っていうのは、周りは敵だらけで、一瞬たりとも油断もできない、まるで戦場にいるような状態なんです

だから、常に強い恐れをたくさん抱いてるんですよね

そんな状態を手放し、女性性を受け入れていくことは、今まで着込んでいた鎧や兜を全部脱いで、武器も捨て、何も持たず普通の服で戦場に立つ、そんなイメージ

だから、すごくすごくすごーく怖いし、抵抗も大きい

でもね、自然に楽に抜けていける道があります

それは、愛する人の存在

愛するパートナーができると、その人との幸せなパートナーシップを築くために、怖さを受け入れる覚悟ができます

その時が超自立を手放していく大きなチャンス

今まで自分だと思ってきた偽りの仮面を脱ぎ、弱いダメな自分を受け入れていく、自分の中にある豊かな女性性を受け入れていくために、一見難しそうに見えるパートナーが現れるかもしれません

超自立の男性(ロックマン)とかね

パートナーは鏡だから、相手も同じような人を選ぶことになることが多いんですよ

でもね、そういう人だからこそ、自分と真剣に向き合うことができるんです

怖さよりも愛を選び続ける

そうすることで、恐れよりも幸せに意識が向き、自立を緩めていくことができますよ(^^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です