長女(超自立系女子&自立系女子)のしんどい状況はなぜ起こってるの?〜最も早く抜け出すために一番大切なこと〜

こんにちは!

Serendipity〜セレンディピティ〜のカウンセラーNAOKOです​​​​​​​

 

長女(超自立系女子&自立系女子、しっかりした人)で、休んでも休んでも疲れが取れない、気持ちが落ち込んでたりしんどい、燃え尽きたような感覚を感じてる人はいませんか?

 

実はそれ、自立の行き着く先「デッドゾーン 」にいるから

 

自立した生き方をしていると、自分の弱いところやネガティヴなところは受け入れられなくて、自分からどんどん切り離していくし、自分の中のルールや義務感に縛られて、やがて身動きが取れない状態になっていきます

 

そうやって自立が極まっていくと、やがてデッドゾーン って呼ばれる領域に

 

実はこのデッドゾーン、自覚のないまま、その位置にずっとい続けてしまってる人もいるんですよ(日本人はそういう人が多いように感じます)

 

デッドゾーンは、自分自身が傷つかないように「〜してはならない」「〜すべき」っていうような自分が決めたルールでがんじがらめになったり、自分の役割(娘、母、女など)の義務を果たしてるうちに行き詰まっていって、これ以上がんばれないっていう限界に達した先のこと

 

でも、その自分を縛ってるルールや役割って、過去に自分が傷ついたり、誰かに言われたりしたことからできたものだったりするんですよね

 

もしくは周りにいた親などを見て、ああなりたくはないって思ってルールを作ってる場合もあったりして

 

自分が、自分のことを大したことないと否定すればするほど、ルールや義務は増えていくから、どんどんしんどくなっていきます

 

ここに入ると、燃え尽きた感覚やしんどさを常に感じていたり、自分は偽物のような感じや死んだような感覚を感じてたり、もう全てを投げ出したくなるような感覚を感じたり、何かの依存症になってたり

 

とにかくしんどくて不快な感覚を感じて辛いのはこのゾーンにいるとき

 

このゾーンにいる人は、いくらルールを守り、義務を果たしても、満たされないし、それに対して褒められても、そもそも自分がしたくてしてることじゃないから、当たり前くらいにしか思わないんですよね

 

深いあきらめがあるのも、このゾーンにいるとき

 

そうなると、成功も親密感も手に入らないようにしたり、そもそも諦めちゃったり

 

この踏んだり蹴ったりで、とにかくしんどい状態であるデッドゾーン、実は生まれ変わる大きなチャンスでもあるんです

 

そうは思えないけど、ね

 

一人で頑張ったり、戦うっていうやり方をやめて、誰かと共に生きるという、本来のパートナーシップのステージ、相互依存のステージに上がるチャンスでもあるんですよ〜

 

デッドゾーンから脱出しようとする時、自立を手放していくことになるんだけど、これが結構大変

 

自立を手放していいのか?っていう疑いや強い恐れも出てくるし、エゴがめいいっぱい阻止しようとしてくるから

 

ここを抜けるのには

 

自分のやり方を手放す

自分の望みを見続ける、それを叶えると何回も決めること

 

がとっても大切

 

今、もしあなたがこの位置にいて、しんどい状態であるなら、まずはここを抜けるんだっていう覚悟をしてください

 

自分がこだわってきたことよりも、自分の本当の望みを選ぶ

それがこの段階でいちばん大切なこと

 

ここを抜けるのには、自分がしたくないって避け続けてきたことを、やってみる、やってきたことをやめる、そういう今までとは違う勇気が必要になったりもします


ここを抜けていくと

 

何かができるから価値があるというのではなく、ありのままの私で価値があると感じれるようになったり

無邪気になれたり

自立の状態にいると、自分が愛することは良くても、愛されることは苦手でうけいれれなかったりするけど、それがなくなって愛され上手になったり

簡単に成功や豊かさを受け取れるようになっていきますよ

 

そして、パートナーシップの相互依存へ

 

自立している人同士が適度な距離感を保ちながらお互いを尊重し、支え合うことができる関係が相互依存。付き合い始めの頃よりも大きなロマンスを感じられますよ〜

今しんどい状態にある方は、最終的にここを目指していきましょう


大丈夫!!

この記事を読んでるあなたは、絶対越えて行けますから

私はいつも応援しています!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です